卵殻膜美容液のほうれい線への効果は?選び方と副作用・安全性検証サイト

卵殻膜美容液のほうれい線への効果や副作用、選び方と安全性について検証します。
MENU

卵殻膜美容液のほうれい線への効果は?選び方と副作用・安全性

 

「最近、ほうれい線が目立って気になる…」
「ほうれい線のシワがどんどん深くなる…」
とお悩みではありませんか?

 

ほうれい線のシワがくっきりと目立つと、顔全体の印象が老けて見えてしまいますよね。

 

そんな、ほうれい線の深いシワにお悩みの方の間で「卵殻膜美容液」が話題になっています。

 

卵殻膜美容液は、今までの美容液とは違って
肌の奥まで浸透して、肌をふっくらさせてくれると注目を集めています。

 

今まで高保湿な美容液を使っても、ほうれい線のシワが改善されかったという方は、卵殻膜美容液を使ってみる価値がありますよ。

 

そこで今回は、卵殻膜美容液のほうれい線の効果と選び方、 気になる副作用と安全性についてご紹介しましょう。

 

ほうれい線が目立つ原因は?

 

年齢と共にしみやシワといった様々な肌トラブルが多くなりますが、その中でもほうれい線の大きなシワは目立ちますよね。

 

ほうれい線とはもともと表情ジワですから、若い時からあるものです。
しかし、加齢とともに肌のバリア機能が低下すると、肌のハリを保つエラスチンが減少するため、シワが深くなってしまうのです。

 

若い時よりも明らかにほうれい線が深くなったと感じたら、加齢によるバリア機能の低下が一つの原因だと考えられます。

 

その他にも、深いシワは肌の乾燥も大きく関係しています。
私たちの肌は、日々外気の乾燥や紫外線による影響を受けていて、ホコリや摩擦など様々な刺激にさらされています。

 

外的な刺激により、肌の奥深くまでダメージを受けると、目の周りの小じわやほうれい線が目立ってきてしまうのです。
さらに、年齢とともに肌が生まれ変わるターンオーバーの周期も長くなるため、シワが改善するのも時間がかかってしまい、ほうれい線が目立つようになります。

 

20代までは、肌バリア機能が高く、ターンオーバーの周期も正常に働くため、シワやシミの改善も早いのです。
しかし、年齢とともに自力で修復するのが困難になるため、スキンケアで改善・予防していくことが大切です。

 

卵殻膜(らんかくまく)とは?

 

加齢によって、ほうれい線が目立ちやすくなるのは様々な原因があると分かりました。

 

では、ほうれい線のシワを改善して、ふっくらとハリのある 肌を取り戻すには、どうすれば良いでしょうか?

 

最近、ほうれい線の改善に効果的だと注目されているのが「卵殻膜美容液」です。

 

卵殻膜とは、卵の殻の内側にある薄皮のことです。
実は、その卵殻膜こそがほうれい線の深いシワに働いて、肌の奥に保湿力を与えて、ふっくらとハリのある肌に改善してくれると注目されてきます。

 

そもそも、なぜ卵殻膜は卵の内側についているかと言うと、卵の中にいるひよこを外敵からの微生物や刺激から守り、健康に発育させするための保護膜として進化してきたからです。

 

卵殻膜の主成分は、20種類のアミノ酸で構成されており、ほぼタンパク質で作られています。

 

卵殻膜には、ほうれい線の深いシワを改善するコラーゲンとヒアルロン酸を含んでおり、
人間の体内にあるアミノ酸の合成と非常によく似ているのです。

 

そのため、卵殻膜は美容やアンチエイジングに大変効果的だと言われています。

 

卵殻膜のほうれい線やシワへの効果は大変効果的だと注目されており、今では多くの美容液やクリームに配合されています。

 

卵殻膜美容液のほうれい線・アンチエイジングへの効果とは?

 

卵殻膜が配合されている美容液を使うと、本当にほうれい線が改善されて、美肌になれるのでしょうか?
ここからは、卵殻膜美容液のほうれい線・アンチエイジングへの効果をみていきましょう。

 

細胞レベルで肌のハリと弾力を取り戻す

 

卵殻膜がここまでシワに効果的だと言われている理由は、細胞レベルで働くため、肌が内側から潤い、肌に弾力を取り戻すことができるからです。

 

我々の肌細胞には、ミトコンドリアと言う 粒状の組織が細胞分裂を活発に繰り返して、
肌の生成をしています。

 

年齢とともにミトコンドリアの働きが弱まると、肌のハリと弾力がなくなり、ほうれい線も目立ってくるようになるのです。
そこで、卵殻膜美容液をほうれい線に塗布すると、ミトコンドリアが細胞分裂を活発化させることが分かっています。

 

つまり、卵殻膜に含まれるタンパク質が肌の奥に浸透して、肌のハリを取り戻してくれるのです。
卵殻膜美容液は、ミトコンドリアを活発化させて、ほうれい線のシワの改善が期待できると言えますね。

 

線維芽細胞を活性化させてほうれい線を目立たなくする

 

ほうれい線が目立ってくるのは、肌内部のハリを保つエラスチンが減少しているからだと述べました。
卵殻膜がほうれい線に効果的だと言われている理由は、肌のハリと弾力に必要な線維芽細胞の働きを活発にしてくれるからです。

 

肌の奥にある真皮層では、コラーゲンとエラスチンにより、肌にハリと弾力を与えて、潤いのある美肌を保っています。

 

しかし、加齢や紫外線の影響などにより、コラーゲンとエラスチンが減少すると、真皮層にある繊維芽細の働きが弱まるため、シワが増えてしまうのです。
そこで、卵殻膜美容液をシワの気になるところに塗布すると、真皮層にコラーゲンを増やすことができるため、肌のハリと弾力を保つエラスチンが復活します。

 

卵殻膜美容液でケアをすれば、ほうれい線が目立たなくなりふっくらと若々しい肌に改善
することができます。

 

真皮層にある繊維芽細胞が活発化されると、自然と肌の ターンオーバーも促進されて小じわやシミも早く改善されるようになり、美肌へ導いてくれるのです。

 

そして、卵殻膜は自然の成分であり、アミノ酸やコラーゲンやペプチド、セラミドなど 人間の構成に近い成分であることも人気の ポイント。

 

今までどんな保湿クリームや美容液を塗っても、深いほうれい線のが改善されずに悩んでいた方は、一度、卵殻膜美容液を使ってみる価値はあると思いますよ。

 

卵殻膜美容液の副作用・安全性は?

 

卵殻膜には、自然由来の美容成分が含まれており、肌の真皮働いて、ほうれい線に効果的だということがわかりました。

 

では、卵殻膜美容液の副作用が起きたりすることはあるのでしょうか?

 

卵殻膜には、アレルギー物質が含まれていないため、卵アレルギーの方でも安心して使うことができます。

 

卵アレルギーとは、卵白に含まれている成分に反応してアレルギーを引き起こしますが、卵殻膜には卵白の成分が含まれていないため問題ありません。

 

しかし、どんな化粧品も肌に合う合わないはありますので、初めて化粧品を使う場合はパッチテストをして肌に合うか確かめると安心です。

 

パッチテストのやり方は、腕の内側など目立たないところに化粧品を付けて、上から絆創膏を貼って24時間放置してください。

 

放置した後に化粧品を浸けた部分が炎症したり痒みがないかどうか確認しましょう。

 

もし、何の問題もなければ顔に使っても問題ありません。

 

敏感肌の方やアレルギー体質の方は、顔に付ける前にパッチテストをしておくと安心ですね。

 

卵殻膜美容液の選び方

 

最近は、卵殻膜美容液の種類が増えて、多くのメーカーから販売されています。

 

ほうれい線を改善するためには、何を基準に選べば良いでしょうか?

 

ここからは、ほうれい線に効果的な卵殻膜美容液の選び方を見ていきましょう。

 

まず卵殻膜美容液を選ぶ際は、卵殻膜エキスが高濃度で配合されているかを確かめましょう 。

 

中にはあまり卵殻膜エキスが配合されていないものもあるので、公式サイトなどで濃度を確認することが大切です。

 

日本の化粧品の成分表は、配合成分の分量を表記されていないものがほとんどです。

 

基本的に高濃度で配合されている順番に表記されていますので、卵殻膜エキスが上位に記載されているかを確認しましょう。

 

そして、卵殻膜自体は自然派成分で肌に優しいものなので、なるべく香料や着色料、保存料といった添加物等がフリーの無添加処方の美容液を選ぶと良いですね。

 

その他には、自分の肌質と似ている人の口コミを参考にするなどして、商品選びをすることをオススメします。

 

参考にしたサイト
ビューティーオープナーの口コミサイト
NPO法人 日本卵殻膜推進協会 

 

まとめ

 

今回は、ほうれい線に効果的な卵殻膜美容液の選び方や効果についてご紹介しました。

 

鏡を見るたびに、ほうれい線の深いシワが気になっている方は、 一度卵殻膜美容液を使ってみる価値があると思いますよ。

 

ほうれい線の深いシワのケアは、早めにケアをして、ハリと弾力のある若々しい肌を取り戻しましょう!

このページの先頭へ